いつの時代も職に困らない力を手に入れよう!

近年の教育の在り方について

近年、巷では、不況の影響で仕事がなくなってきています。
そのため、高学歴を持った人のほうが、圧倒的に就職に有利なのです。
最近では高校卒業者にも仕事がいきわたらないことが多く、多くの学生は、専門学校や大学などで学び、それから社会に出て働くことが増えています。
しかし、高学歴を取得するためにいい学校に通っても、仕事がない場合も十二分にあり得ます。
しかも、最近はリストラなどの社会的な波が押し寄せることも多く、厳しい社会になってきました。
そこで、最近の教育は、社会に出た時のマナーなど柔軟な考え方を持った生徒を育てるように指導している学校が増えてきています。
いい大学に行って、仕事ができても、あいさつができていない、細かい作業を集中してできないといった社会に対する適応力がない人は企業にとって、迷惑な存在です。
そのため、学校で教育を受けている間から、社会に出るために必要なスキルを身に着けていける学校が人気を博しています。
企業に必要な、なくてはならない人材、やめてもらっては困る人材になってもらえるように、社会的なマナー、細かい仕事や苦手な仕事でも最後までやり遂げられる集中力や忍耐力、上司や取引先の相手などに対するコミュニケーション能力などを磨いて、しっかり学んでいく学校が増えてきています。
卒業生は、学校で教えてくれたことを生かし、企業に貢献することで、その母校の評判も上がって採用率が増えるなどの好循環が始まります。
最近の教育の事情は、社会に出ても困らないようにする能力を身に着けるための場所へと変わってきています。
不況の波がここまで目前に迫ってきている中、こういった変化は、当たり前なのではないでしょうか。
仕事が余っていれば企業もあまり人を選びませんが、採用される枠が小さければ、当然量より質をとります。
そのため、自然に社会的なマナーや一般常識が身についている人を採用したがります。
不況が終わればまた教育の在り方も変わってくるでしょう。